弓道の弓を引くトレーニングをチューブでする方法!

弓を引く



弓道では弓を引くことが基本的な動作になるため、肩(三角筋さんかくきん)や広背筋(こうはいきん)の筋力をアップさせたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

笑った顔

弓道の練習をすれば肩や広背筋の筋力は自然にアップしてきます。

だから、わざわざ筋トレをしなくても大丈夫!なんて考えている人もいるかもしれませんね。

でも、少しでも弓道を上手くなりたいと思っている人は、必ずといって良いほど「練習外の練習」をしているものです。

弓道のレベルを高めたい!みんなより上達したい!と持っているのでしたら、ぜひチューブトレーニングで肩や広背筋の筋力を高めてみてはいかがでしょうか。

 

 

弓道の弓を引く筋力をチューブで筋トレ!

弓道のチューブトレーニングではチューブが必要になってきます。チューブトレーニングでは、強度の高いトレーニングではなく軽めの強度で回数をこなす方がおすすめです。

ただ、強度が軽くてもチューブの伸縮力で筋肉にジワジワと負荷がかかるので良い筋トレになります。

それでは、弓道の弓を引くチューブトレーニングをご覧ください。

チューブの端と端をしっかりと結んで輪っかを作ります。そして、弓道と同じで弓を引く構えをしてください。
弓を引く構え

力いっぱい勢いをつけて引っ張るのではなく、ゆっくりとチューブを引っ張る感じで伸ばしていきます。
右手のチューブを引く

弓道を上達するチューブトレーニングなので「利き腕」だけで良いです!と考えている人がほとんどだと思います。

笑った顔

でも、どのようなスポーツでも体のバランスは大切です。

体の右側だけ筋肉がある、体の左側だけ筋肉が凄いという選手もいるかもしれませんが、筋肉の均等が取れていた方が力の入り具合が変わってきます。

つまり、右側の筋トレをしたら必ず左側も同じように筋トレしてくださいね!

ということで、次は左側のチューブトレーニングです。
左手のチューブ構え

トレーニング法は右も左も変わりません。チューブを引っ張る感じで伸ばしてください。
左手のチューブ引く

以上が弓道の弓を弾く筋トレ法です。

笑った顔

毎日数回するだけでも効果は表れてきますので、今以上に弓道を上達したいという人は頑張ってみてくださいね!



関連記事

  1. 弓道の角見

    弓道の角見の働きについて紹介!【動画あり】

  2. 弓道と体幹

    弓道の体幹トレーニングの筋トレとは?

  3. 弓道の危険防止

    弓道の始動時に心がける危険防止とは?

  4. 弓道教材3選

    弓道を圧倒的に上達したい人におすすめの教材3選!

  5. 弓道握力

    弓道の握力をダンベルで鍛えてスコアをアップさせる方法

  6. 弓道がきついつらい楽しくな

    弓道部がきつい!楽しくない!つらい!と思っている人必見!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)