ハンマー投げでのターン局面

ハンマー投げターン局面について

ハンマー投げでのターン局面について解説しています。

笑った顔

ハンマー投げをしているけどターン局面が、いまいち理解できない・・・と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

ターン局面の内容が腑に落とすことができれば、ハンマー投げに活用できるようになるはずです。

頭の中で理解できれば、回転時に体も自然と動くようになります。

ということで、ハンマー投げのターン局面についてご覧ください。

ハンマー投げのターン局面についての解説

ハンマーが回転する運動では、回転面が傾斜をしています。
回転について

この傾斜がもっとも低くなった位置がローポイント、最も高くなった位置をハイポイントと呼びます。

ローポイントでは両足支持期、ハイポイントでは片足支持期が現れます。

回転数に応じて徐々に速度は加速するのですが、増減を繰り返しながらの加速となります。

加速をするのは両足支持期です。

また、ローポイントでは投射方向とは反対の後方に体重をかけることで、ローポイントでの効率的な遠心力の増大が期待できます。

後方へやや倒れ込むことで投射方向への体の軸運動がスムーズになり、ハンマーが加速されます。

ハンマー投げでは250kgもの力が加わっています。

これほどまでの力を加え、ハンマーを遠くに投げるのです。

ハンマー投げはターン感覚が重要

ハンマー投げでは当然ながらターン感覚がもっとも重要になってきます。
重要ポイント

いかにターンを効率よく回転させるかで飛距離が違ってくるのです。

チェックポイントそして、ターンには振り投げ・空ターン・スウィングといった3つの練習を行う必要があります。

これらの練習方法は、1つずつ会得していくのではなく、3つ同時に進行させて体に覚えさせなくてはなりません。

例えば、ハンマー投げのレジェンドである「室伏広治選手」の父でありコーチでもある「室伏重信氏」が実際の指導内容を紹介しているDVDでも、そのように解説されていました。
ハンマー投げ練習法

もちろん、ハンマー投げではターン感覚を覚えただけでは飛距離はアップしませんが、ターン局面などは基本中の基本なのでしっかりと理解しておくことをおすすめします。

↓↓ハンマー投げメソッドはコチラをクリック↓↓

関連記事

  1. ハンマー投げのトレーニング法

    ハンマー投げ方のトレーニング方法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)