平泳ぎのコツについて

平泳ぎのコツ

笑った顔

平泳ぎを上達させる練習法や練習のコツとはどうった方法なのでしょうか。

泳法の代表である平泳ぎは昔から基本中の基本の泳ぎ方として広く認知されています。

何となく見よう見まねで泳げる人もいれば、全然前に進まないと悩んでいる人もいると思います。

悩みの顔

一見簡単そうに見える平泳ぎですが、初心者の場合はコツを覚えるまでには、意外に苦労するものなのです。

自分のキックや泳ぎ方を確認できないので、水泳は特に難しいですよね・・・。

ここでは平泳ぎの基本となるキックの練習方法や泳ぎ方のコツなどについてまとめてみました。

平泳ぎを上手に泳ぐコツとは?

平泳ぎを上達させるコツはいくつかあります。
いくつかコツがある

正しいフォームを身につけることにより、平泳ぎで長距離を楽に泳げるようになります。

そのために必要なのは、しっかりと蹴り出す足の動き、そして水をかきながら引き寄せる腕の動き、最後に足と腕の動きをバランスよく組み合わせるタイミングが重要になります。

チェックポイント

つまり、キック・プル・バランスが重要なのです。

この3つの動作をしっかりマスターすることにより理想的な平泳ぎの形が完成するのです。

自分では手足がどのような動きをしているか客観的に見ることはできないので、やはりスイミングスクールなどでインストラクターの指導のもとに、これらの平泳ぎの基本を身につけていくのが理想的です。

プールでの練習のほかにも自宅でも床に寝転んで足の動きを練習することは可能ですので、いろいろ工夫しながら足と腕の動きを体に叩き込んでいくようにしましょう。

平泳ぎのコツで最も重要なのは

平泳ぎのコツで重要なのはキックです。
キックが重要

どの泳ぎでも言えることなのですが、特に平泳ぎはキックで進んでいると言って良いほどです。

キックが上手にできていないと、前に進めないばかりか足が下がってしまい沈んでしまうのです。

だから、平泳ぎのコツで重要なのはキックと言えます。

笑った顔

プルなどは、後からでもできますので、初心者はキックを頑張ってくださいね。

関連記事

  1. 平泳ぎキックの練習

    平泳ぎのキックの練習法について解説!

  2. 平泳ぎ沈む進まない

    平泳ぎで沈むため進まない時に試してほしい事とは!?

  3. 平泳ぎプルの練習

    平泳ぎのプルを練習する方法とは!?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)