平泳ぎのプルを練習する方法とは!?

平泳ぎプルの練習

平泳ぎのプルについて紹介しています。

笑った顔

平泳ぎはキックが特殊なため、足ばかりに意識がいってしまう人も多いのではないでしょうか。

平泳ぎはキックも大切ですが、プルで上体を上げる事も非常に大切です。プルで上体を上げておでこから前に飛び込むような感じで入水すれば平泳ぎのスピードも増します。

美しい平泳ぎを完成させるために重要なのは足の動きと、腕の動きです。

腕の動きをプルと言います。プルは足の蹴り出しと同じぐらい大切な動きです。

ですが基本的に平泳ぎで前にスピーディーに進んでいくには足の蹴り出しが主な動力となることは間違いありません。

チェックポイント

足の蹴りをより力強くサポートする役割になるのがプルなのです。



平泳ぎのプルは難しい?

プルは足の動きほど複雑ではないので、正しいフォームを習得するのはさほど難しくはありません。
プルのコツ

両手をまっすぐ胸の前に伸ばして、そのまま大きな円を描くようにして再び胸の前に戻すという単純な動作だけですから、最終的には足のキックとのタイミングを合わせる練習に力を入れる必要があります。

ただ、この方法は少し前の泳ぎ方です。もしかしたら、昔からの平泳ぎのイメージで練習をしている人もいるかもしれません。

笑った顔

最近の平泳ぎのプルでは円を描くのではなく、腕を伸ばし肘はそのままの状態で、両手を胸に向けて水をかき出す感じです。

肘は固定したまま腕を胸まで引き寄せるです。

以前は、円を描くようなカエルのような泳ぎでしたが、フォームは改善されこのようなプルに変わりました。



この腕を引き寄せるプルを行うことで、上体を水面からより出せるのでスピードを出すための次の動作に繋がるのです。

チェックポイント

流石にいきなり次に繋がるプルは難しいかもしれませんが、キックさえ問題なくできていれば、平泳ぎはゆっくりと泳ぎの練習ができます。

もし、平泳ぎのキックもできていないけど・・・という方は、足にビート板を挟んでプルの練習してみてはいかがでしょうか。

以上が平泳ぎを効率的に上達させるためのポイントです。

日頃からプールでの練習の他にも自宅でもイメトレを積み重ねていくことで、平泳ぎの技術を向上させることができるはずですので頑張って継続しましょう。



関連記事

  1. 平泳ぎ沈む進まない

    平泳ぎで沈むため進まない時に試してほしい事とは!?

  2. 平泳ぎキックの練習

    平泳ぎのキックの練習法について解説!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)