脊柱起立筋の筋トレを立ったままできる手軽な方法



笑った顔

脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)の筋トレで立ったままできる手軽な方法を紹介しています。

脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)を鍛える筋トレは、うつ伏せに寝た状態のトレーニングが思い浮かぶかもしれません。

寝た状態でのトレーニングでは、ジムや自宅でしか脊柱起立筋を筋トレで鍛えることができないですよね。

そこで、こちらでは立った状態できる脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)の筋トレをご覧ください。

脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)の筋トレを立ったまま鍛える!

笑った顔

脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)を立ったままできる筋トレは非常に簡単です。

どこでも簡単にできるので筋トレの時短にもなりますし、効率よく脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)を鍛えられます。

ちょっとした空き時間できれば、自宅やトレーニングジムで他の筋トレができます。

それでは、立った状態で脊柱起立筋の筋トレをご覧ください。

まず、足は肩幅に広げた状態で立ちます。
肩幅に足を開ける

体は力を入れずにリラックスしてくださいね。

腕は、腰に当てたり、バーベルを持ったような感じで構えてください。

腰に当てた構えはこのような感じです。
手を腰に当てる

バーベルを持ったような構えはコチラです。
手を上に上げる

背筋はしっかり伸ばして猫背にならないように。

次に膝を自然に曲げながら上体を前に倒していきます。
上体を倒す

このとき上体が床と平行になるくらいまで曲げてください。



そして、上体をゆっくりと元の位置まで戻していきます。
上体を上げる

体が反ったりせず、背筋が真っすぐの位置まで戻します。

これが、立った状態でできる脊柱起立筋の筋トレ法です。

慣れないうちは、10回×1セットを目安にトレーニングし、筋力が付いたり慣れてきたら10回×3セットというふうに回数を増やしてみてください。

もしかしたら、筋トレ中に腰回りがズーンと痛くなってくる可能性がありますので、無理せずに行うようにしてください。

そして、腰の痛みが続くようならこの筋トレは行わずに検査してもらってくださいね。

立った状態でできる脊柱起立筋の呼吸法は

立ったままできる脊柱起立筋の筋トレの呼吸法は、

  • 体を倒す時に吐いて
  • 体を戻す時に吸います

もし、なかなか上手くできない・・・と感じたら、呼吸を止めず自然な呼吸法でトレーニングしてみてください。

笑った顔

そして、脊柱起立筋を鍛えると背筋がピン!と伸びるようになりますので、非常に姿勢も良くなります♪

普段から猫背が気になっているという方は、意識的に立った状態でできる脊柱起立筋の筋トレをしてみてはいかがでしょうか。

背筋の伸びた姿はとってもカッコいいよ~!
決めポーズ

この筋トレは、時間や場所を選ばないのであなたのペースでできるので非常におすすめです。



関連記事

  1. 脊柱起立筋を自宅で簡単に鍛える方法!姿勢を正したい方におすすめ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)