脊柱起立筋を自宅で簡単に鍛える方法!姿勢を正したい方におすすめ



脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)を自宅で簡単に鍛える方法を紹介しています。

はてなの顔

でも、どんな方法で脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)を鍛えたら良いのか?

と考えている人もいるかもしれません。

自宅で脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)のトレーニングをするのであれば【バックエクステンション】がおすすめです。

笑った顔

バックエクステンションは一般的な脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)を鍛えるトレーニングです。

脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)は、腹筋や胸筋などと比べ、あまり知られていない筋肉かもしれません・・・。

脊柱起立筋は、背中の深くにある筋肉で、真っ直ぐに立ったり、背中を後ろに反らしたりするときに使います。さらには、全ての運動で活用している筋肉なのです。

バランス感覚や体幹、正しい姿勢を保つために脊柱起立筋は非常に大切なんですよ。

ということで脊柱起立筋を自宅で簡単にできるトレーニングをご覧ください。

脊柱起立筋を鍛えるトレーニング【バックエクステンション】

まず、うつ伏せになって横になります。このとき、手の位置で少しですが負荷が変わります。

バックエクステンション構え

頭の後ろに手を組むより、手を体の後ろで組んだり、横に置いた方が負荷が軽くなるので、あなたの筋力に合わせて手の位置を変えてみてください。

そして、バックエクステンションだけではないのですが、絶対に呼吸は止めずにトレーニングしてください。呼吸を止めてしまうと血圧が急激に上昇したり、気分が悪くなることがあります。

呼吸は止めない!です。

バックエクステンションの場合は、体を反らす時に「息を吐く」、体を元の位置に下げる時に「息を吸う」です。この呼吸法が難しいという方は、止めずに自然な呼吸でトレーニングしてくださいね。

バックエクステンション上げる

腰辺りから上げるように意識して体を反らせます。初めのうちは、ほとんど上がらないと思います(;^_^A

そのようなときは、体を上げている状態で「1・2」と止めましょう。継続的にトレーニングを続けると、少しずつ上がるようになります♪

この運動を1セット5~10回ほど続け、脊柱起立筋に自信がついてきたら回数を増やしたり、セット数を増やしたりして筋肉を強化していってくださいね!

姿勢を正したり、体幹を鍛えたい方にバックエクステンションは素晴らしいトレーニングです♪

ただ、注意点ですが腰を痛めている方は、軽めのバックエクステンションがありますのでそちらをおすすめします。




関連記事

  1. 脊柱起立筋の筋トレを立ったままできる手軽な方法

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)