肩こりは僧帽筋を動かすことでスッキリ改善できる理由とは

肩こりは僧帽筋を動かす



汗女子の顔

肩こりは僧帽筋を動かすことでスッキリ改善できる理由を紹介しています。

肩こりが酷い人は、肩がカチカチでパンパンという状態で悩んでいるようです。

本当に石でも背中に入っているような感覚・・・。

しかも、肩こりが悪化すると頭痛や吐き気、肩が上がらないといった最悪な症状が起こってしまいますよね。
肩こり頭痛

仕事や家事で忙しいと肩こりが酷くても我慢しながら生活を続けなくてはなりません。

気になった時に、マッサージ店で肩を解してもらえれば良いのですが、そう毎回行ける人もいないと思います。

だからこそ、自分の力で肩のコリを解す方法を活用する事が大切なんです。

こちらでは、僧帽筋を動かして肩こりを改善する理由と方法を紹介していますので気になる方はどうぞご覧ください。



肩こりは僧帽筋を動かすと改善できる理由

僧帽筋を動かすことで、凝り固まった筋肉を柔らかくしたり、血液の循環が促され肩こりが改善できます。
僧帽筋を動かす

僧帽筋の筋肉が柔らかくなったら血液が流れやすくなりますよね。

さらに、僧帽筋の筋トレを行うと血液を流すための筋肉がアップしするので、日ごろから肩こりが改善されます。

肩こりだから首周りの筋肉を動かすことができない・・・と、悩むよりも日ごろから意識的に僧帽筋を動かした方が良いんです。

あと、一般的に肩こりと言いますが、本当は肩ではなくて首周りの筋肉の僧帽筋が凝っていると表現した方が正しいかもしれません。

肩こりのときに僧帽筋を動かす方法とは

肩を上下に、上げたり下げたりするだけで僧帽筋を動かすトレーニングができます。
肩を上げ下げする運動

肩こりが酷い人は、肩を上下するだけでも辛いかもしれません…。

ただ、僧帽筋を動かすことで肩こりが少しでも改善できるので、初めのうちは難しいかもしれませんが頑張ってみましょう。

いきなり10回20回すなくては良いのです。慣れるまでは1回でも5回でも良いのです。

まずは、肩こりを改善するために僧帽筋を動かすことに意識を集中します。
僧帽筋を動かす意識を

ちょっとした僧帽筋を意識するだけで、肩こりが断然よくなります。

つまり、逆の言い方をすると普段から僧帽筋を動かしていないため、肩こりが酷くなるのです。

僧帽筋を動かすだけで肩こりが改善できるのであれば、簡単なトレーニングなので日ごろから行ってくださいね。



関連記事

  1. 僧帽筋で鍛える

    僧帽筋をペットボトルで鍛える筋トレとは!?

  2. 僧帽筋をダンベルで鍛える

    僧帽筋をダンベルでトレーニング!首周りをボコッとしたい方必見

  3. 僧帽筋について

    僧帽筋(そうぼうきん)とは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)