僧帽筋をダンベルでトレーニング!首周りをボコッとしたい方必見

僧帽筋をダンベルで鍛える



笑った顔

僧帽筋をダンベルで筋トレする方法を紹介しています。

僧帽筋は首から肩までの筋肉で、肩こりのときに揉んでもらう場所ですね。

腕立てなど僧帽筋を動かす筋トレでも補助的に鍛えられることは可能です。

ただ、補助で鍛えてもあのボディービルダーのようなボコッとした僧帽筋にするにはちょっと難しいです。

そこで、ダンベルを使って僧帽筋を鍛えてみましょう!

僧帽筋をダンベルを使ってトレーニングする方法

笑った顔

ダンベルを使って僧帽筋を鍛える筋トレは、3種類ほどありますがどれもも同じような動きになっています。

どちらか一つのトレーニングをするか、2セットに分けて1セットずつ取り入れるかは自由なので、好みに合わせて僧帽筋をダンベルで鍛えてみてください。

それでは、まず一つ目の筋トレをご覧ください。

肩を上に上げて僧帽筋鍛える筋トレ

初めてダンベルで僧帽筋を鍛える場合は、少し軽めの重さで挑戦してみてください。いきなり重たいダンベルを使ってしまうと、翌日に肩が痛くて腕が上げる事ができなくなってしまいます(;^_^A

どんな筋トレにも言えることですが、まずは軽めの重さでトレーニングしてくださいね。

肩を上に上げて僧帽筋を鍛える筋トレはとても簡単なので手軽にできます。

まず、ダンベルを持った手を体の横に構えます。
ダンベル体の横に

ダンベルを構えた状態で、肩を上にグイっと上げていきます。
ダンベル肩を上に

上で数秒止めると効果がアップします。

最後に、肩をスっと力を抜くように下ろします。
ダンベルを下に

はてなの顔

ただ、ダンベルの重さだけで下げると怪我をする可能性があるので注意してくださいね。



腕をV字にして僧帽筋を鍛える方法

ダンベルを両手に持って体の前あたりに構えます。
ダンベル僧帽筋構え

僧帽筋を意識しながら肘を上げるようにダンベルを上げていきます。
肘を上げる感じ

ちょうど、手が「V字」になるように意識します。
Ⅴ字に上げる

笑った顔

そして、上で数秒止めるようにしてください。

その後、ゆっくりとダンベルを下ろしていきます。手をダラリと全て下ろすのではなく、下ろしきる手前で止めるようにしてください。

この繰り返しで僧帽筋をダンベルで鍛えていきます。ダンベルの重さにもよりますが10回を目標に頑張ってみてくださいね。

肩を回して僧帽筋をトレーニング

ダンベルの重さは、さきほどと同じように少し軽めをおすすめします。

まず、ダンベルを持った手を体の前に構えます。
ダンベルを回す構え

次に僧帽筋の力で上にダンベルを上げます。
ダンベルを回す肩を上げる

そして、肩を後ろに移動させます。
ダンベルを回す肩を後ろに

ダンベルを下に下ろしていきます。
ダンベルを回す肩を下ろす

ダンベルを回す肩を戻す

笑った顔

ちょうど、肩を上に上げてから後ろに回すような感じです。

この時も、ダンベルを下ろす時は一番下まで下ろしきらずにするのがポイントです。

このトレーニングも10回を目安にするのがおすすめです。

以上が、ダンベルで僧帽筋を鍛える筋トレでした。

ダンベルの重さに慣れてきたら徐々に、重さを上げていくことをおすすめします^^



関連記事

  1. 僧帽筋で鍛える

    僧帽筋をペットボトルで鍛える筋トレとは!?

  2. 肩こりは僧帽筋を動かす

    肩こりは僧帽筋を動かすことでスッキリ改善できる理由とは

  3. 僧帽筋について

    僧帽筋(そうぼうきん)とは

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)