1日10分の簡単な筋トレで太りにくい体を手に入れる方法

1日10分の筋トレ

笑った顔

1日10分の簡単な筋トレで太りにくい体を手に入れる方法を紹介しています。

筋トレはトレーニングは専用のジムでしか出来ないと考えている人も多いのではないでしょうか。

もちろんトレーニング器具が揃っているジムの方が効率が良いと思います。

ただ、金銭的な問題や時間の関係でトレーニングジムに通えない・・・という方もいるかもしれません。

チェックポイント

実はそんな事は一切なく自宅で10日程度の筋トレでも太りにくく痩せやすい体を作ることができます。

それでは1日10分の簡単な筋トレで太りにくい体を手に入れる方法を紹介させていただきますので良かったらご覧くださいね。



1日10分の簡単な筋トレでダイエットに有利な体ができる?

1日10分程度の簡単な筋トレでもダイエットに適した体を作ることが可能ですよ。

笑った顔

僕も継続的に自宅で筋トレをしていますが、以前と比べ断然太りにくくなりました♪

しかも、ちょっと食べるだけでブクブクと太っていた頃と変わらない食事方法で、甘いものも普通に摂取していますが。

というのも有酸素運動もなく、1日10分程度の筋トレでも継続してトレーニングしているだけで筋肉量は増回もしくは維持されます。

筋肉量を増やすことができれば代謝がアップし痩せやすく太りにくい体ができます。

つまり、無理にダイエットをする必要がないという事です。

ただ、1日10分の筋トレって大変なのでは?と思う人もいるかもしれません。

安心してくださいね。簡単な筋トレばかりなので負担やストレスになることはありません。

ちょっとした空き時間に、ちゃっちゃとするだけで大丈夫です♪

1日10分の筋トレはとっても簡単?

1日10分の筋トレはとっても簡単ですよ♪

体の中でも特に大きな筋肉だけを鍛える筋トレになっているので手間もありません。

大きな筋肉を鍛えることで体の筋肉量が一気に増加しますので、代謝を効率よく上げられるようになります。

それでは僕が実際にやっている1日10分の筋トレ内容を紹介させていただきますね。



胸筋を鍛える方法

胸筋を鍛える方法で胸付近の筋肉量を増加させます。

胸筋を鍛える筋トレは「腕立て伏せ」です。一般的なトレーニングなのでご存知の方も多いと思います。

ただ、日ごろから腕立て伏せをしていない人にとってはちょっとキツイトレーニングと感じるかもしれませんが安心してくださいね。

強弱別に紹介させていただきます。

まず、一般的な腕立て伏せです。
腕立て伏せで胸筋

体を床すれすれまで下ろしていくタイプは、普通の負荷になります。
腕立て床ギリギリに下ろす

それよりもキツメの負荷は、上体を床にピッタリとつけるタイプです。僕はこれをやっております^^
腕立て伏せ床に胸をつける

次に、腕立て伏せに慣れていない人は膝を床につけて行ってみてください。
膝をつけると負荷が下がる

かなり負荷が下がりできるようになりますよ。

チェックポイント

10~20回ほど行ってみてください。2セット以上するとさらに効果はアップします。

腹筋を鍛える方法

腹筋を鍛える方法でお腹の筋肉量を増加させていきます。

腹筋を鍛える筋トレは「腹筋運動」になります。このトレーニングも認知度が高いですよね。

日ごろからトレーニングをされていない人向けの軽めの腹筋運動を紹介させていただきます。

床に膝を立てた状態で仰向けになってください。
腹筋横になる

腹筋に力を入れながら体を丸めるようにして、手で膝をタッチします。
腹筋上体を上げる

そしてゆっくり体を元に戻していきます。この時、できれば背中は床につけないようにしてくださいね。
腹筋上体を下げる

次に、足を上げて腹筋を鍛える方法を紹介させていただきます。

同じように仰向けになった状態。
下っ腹を鍛える横になる

今度は足を上げていきます。
膝を上げていく

そのまま、踵から前に出すような感じで足を伸ばしていきます。
かかとから伸ばす

床に足を着けずに伸ばした状態でキープします。
かかとは床につけない

そしてゆっくりと膝を曲げて足を戻していきます。

チェックポイント

10~20回ほど行ってみてください。2セット以上するとさらに効果はアップします。



脊柱起立筋を鍛える方法

脊柱起立筋を鍛える方法「バックエクステンション」で、腰辺りの筋肉を増加させていきます。

この筋トレは、腰に負担がかかるため普段から腰の調子が悪い・・・という方は避けてくださいね。

無理すると1日10分の筋トレどころではなくなってしまいます(;^_^A

まず、床にうつ伏せになってください。
うつ伏せになる

そのままの状態で、腰から上体を上げるような感じで持ち上げていきます。
エクステンション上体を上げる

次に、ゆっくりと上体を下ろしていきます。
エクステンション上体を下げる

チェックポイント

10~20回ほど行ってみてください。2セット以上するとさらに効果はアップします。

大腿四頭筋と大殿筋を鍛える方法

大腿四頭筋と大殿筋を鍛える方法で、太ももの前とお尻の筋肉量を増加させます。

太ももの筋肉は体の中でも特に大きいので、筋肉量が増加すると代謝を上げる効果が期待できます。

そして、大腿四頭筋と大殿筋を鍛える方法は「スクワット」になります。

まず、肩幅くらいに足を広げて立ってください。
スクワット足を開く

そのまま、ゆっくりと上体を下げていきます。
スクワット上体を下げる

この時、上体は下ろし過ぎず膝が90度になるくらいで止めてください。
スクワット上体を下げる横から

あまり下げすぎると膝に負担がかかっていまいます。

笑った顔

もし、スクワットの負荷をさらに上げたいという方は、足をもっと開いてください。

足を開いた状態でスクワットをするだけで負荷をアップさせることができます。

もし、さらに筋トレ効果をあげたいという方は両手にダンベルを持って行ってみてくださいね。

チェックポイント

10~20回ほど行ってみてください。2セット以上するとさらに効果はアップします。

以上が、1日10分でできる簡単な筋トレ内容でした。

笑った顔

いかがでしたでしょうか?簡単でよく知っているトレーニングばかりだったと思います。

ただ、筋トレを知っていても意味がありませんので、毎日コツコツと頑張ってくださいね。
頑張ってくださいね

きっと筋トレの効果が出て太りにくく痩せやすい体をゲットできますので。



関連記事

  1. 男性のぽっこりお腹に運動

    男性のぽっこりお腹はこの運動がおすすめの理由

  2. コロナで運動したい人必見

    コロナで運動不足を解消するために運動したい方必見!

  3. シボヘールの成分

    シボヘールの成分は内臓脂肪に有効なの?

  4. シボヘールの効果

    シボヘールの効果はお腹の脂肪を減らしてくれる?

  5. 痩せる仕組みと炭水化物

    痩せる仕組みと炭水化物について2分で知識を深めてみては?

  6. シボヘールと筋トレ

    シボヘールは腹筋の筋トレと合わせた方が良い理由

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)