強度の高い腹筋運動でシックスパックを手にれる方法

凄い腹筋



今も色々な腹筋運動を実践しているけど、ほとんど余裕でできるようになった!と感じていませんか?

腹筋運動は、特に大変なトレーニングの一つなので出来るようになり自信がつくと本当にうれしくなります。

笑った顔

さらに腹筋が割れてくるとテンションが上がりますね!

ただ、そんな上級者のあなたでも【ハード】な腹筋運動があることをご存知でしょうか。

このハードな腹筋運動は、腹筋はもちろんのこと胸筋や腕筋といった部位も同時に鍛えられます。
凄い腹筋運動

そう同時に鍛えられます!

というか、全ての筋肉が鍛えられていないとできないくらいハードな腹筋です。

それでは、そのハードな腹筋を紹介させていただきますね。

全身が鍛えられていないとできない腹筋運動とは!?/h3>

【Lシット】という腹筋運動です。
Lシット体を上げる

このLシットは、体操の平行棒のようなフォームをしていて座りながらできる腹筋運動なので「もしかして簡単なのでは?」と思う人もいるかもしれません。

で、足を伸ばし両手を下についた状態から「グッ!」と力を入れて、体を上に上げるだけです♪

笑った顔

え・・・意外と簡単にできそうですね♪

と正直、初めは感じていました・・・。

でも、実際にこのLシットをやってみたのです。

「よ!」

「おりゃ!」

「んんん!!!」
なんて腹筋運動だ~

悩みの顔

うそだ!全然上がらない!!

一瞬だけ浮き上がるのですが、上がった状態をキープできない・・・。

その時、僕は思いました。

このLシットは腹筋を鍛える運動ではあるのですが、それ以外に腕や胸の筋力が必要になります。 

基本的な筋力ではなく、ある程度鍛え抜かれた筋力です。

だから、何度Lシットをしようとしても全然上がらなかったのです・・・。

悩みの顔

恐るべしLシット!

ということで、腹筋に自信がある方はどうぞLシットを試してみてください。

その後、「ううう・・・上がらない!」と感じたら、腹筋だけではなくその他の筋力のトレーニングを強化してみることをおすすめします。
全身を鍛える

そして、Lシットができるようになったら、あなたの体の筋力はかなりのレベルに達していると思います。

Lシットが出来るようになるにはどの筋肉が必要?

Lシットは腹筋以外に、体を持ち上げるために上腕筋・僧帽筋・背筋といった筋肉が必要になってきます。
全身の筋肉が必要

つまり、全身の筋肉をフル活用して体を持ち上げる必要があるのです。

当然のことながら、体重が重いよりも軽い方が有利ですよね。ただ、ガリガリすぎると筋肉量が少なすぎて上げられません・・・。

まずは、全身の筋トレを頑張ってバランスの良い体を作り上げる必要がありますね。

まとめ

強度の高いLシットで体を持ち上げるには、全身の筋力をアップさせることが大切です。

Lシットは上級者の挑戦する筋トレなので、無理にメニューに入れる必要はないかもしれません。

全身の筋力をアップさせてから挑んでみることをおすすめします。



関連記事

  1. 背筋の筋肉を同時に鍛える

    腹筋を鍛えたいという人は背中の筋肉も鍛えた方が良い理由

  2. 姿勢を伸ばしながら腹筋

    お腹に力を入れるだけで腹筋が鍛えられる方法とは!?

  3. 腹筋をしたら腰が痛くなった

    腹筋で腰が痛くなるときの注意点とは

  4. 手と足を上げるⅤシットにつ

    V字の腹筋運動のトレーニング法と注意点とは?

  5. 腹筋が上がらない

    腹筋ができない上がらないと方におすすめの方法

  6. 足上げするだけで腹筋が鍛えられる?ながら運動ができるから効率的

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)