筋トレで筋肉痛にならないと効果がない!?嘘か本当か?

筋肉痛にならない筋トレ効果



笑った顔

筋トレをしても筋肉痛にならないという事は効果がないのかな?と思っている人もいるのではないでしょうか。

自分なりに一生懸命筋トレをしているつもりでも全然筋肉痛にならないからボコボコと筋肉が肥大する効果もないのかも…と、感じるている人もいるかもしれません。

筋肉痛になるのは嫌ですが、せっかく筋トレをするのであれば効果を実感し引き締まった体になりたいですよね。
効率よく筋トレ

もしかしたら、あなたの行っている筋トレでは筋肉痛になるまで追い込んでいない可能性があります。

悩みの顔

全く効果がないということはありませんが、時間を割いて筋トレをするのであれば効率よくトレーニングしたいです。

それでは、どうして筋トレで筋肉痛にならず効果が薄いのか紹介させていただきます。

筋トレで筋肉痛も効果も実感するには

目標や目的があって筋トレをしているのであれば効果を実感しなくては意味がありません。できれば筋肉痛になりたくはありませんが…。
出来れば筋肉痛になりたいな

ただ、筋肉痛になっていないということは、軽めの筋トレを実践している可能性が高いです。



理想の筋肉を目指しているのでしたら、それに適した筋トレの負荷も大切ですよね。

笑った顔

あなたに合っていない負荷でトレーニングし続けても効果を実感するのはかなり遅いはずです。

そもそも、筋肉痛は負荷のかかった運動や筋トレをすることで血管に老廃物や乳酸が溜まり、血液の循環が滞り筋肉痛になります。
血管に老廃物

もしかしたら、あなたの行っている筋トレは老廃物や乳酸が溜まる一歩手前の負荷や回数で終わっているのではないでしょうか。

筋トレで筋肉痛になり効果を実感する負荷とは

笑った顔

筋トレで筋肉痛にならないから効果が実感できないかもしれないと悩んでいるのでしたら、負荷や回数を今よりも増やしてみる事をおすすめします。

例えば、ダンベルを使った筋トレをしているのでしたら10回上げるので精いっぱいの重りを使用してみてください。

もしくは、20回上げるのが精いっぱいの重りに変更してみてください。

重りの負荷を変えただけで、かなり筋肉に負荷を与える事ができます。

笑った顔

あと、腕立てや腹筋であれば回数を増やしてみるか、一回の動きをゆっくりとしてみてください。

それだけでも全然違ってきますよ。

実は、勢いや体の反動を使って筋トレをしていると、思ったほど効果を実感できません。

ゆっくり腕立て

効率よく筋トレの効果を実感したいのであれば、負荷や回数、動きを見直し筋肉痛を目指してみてくださいね^^



関連記事

  1. 1日5分の筋トレ

    1日たった5分の筋トレで効果を実感できる?

  2. 筋トレと身長について

    筋トレで身長が伸びなくならない理由に納得しました

  3. オーバーロードの原理とは

    オーバーロードの原理とは!?簡単に説明するとこうだ!

  4. 糖質OFF筋トレダメ

    糖質OFFの筋トレやトレーニングがダメな理由とは? 

  5. 筋トレで火事場のクソ力

    筋トレで火事場のクソ力を出す事はできるのか!?

  6. 筋トレは食前食後

    筋トレは食前と食後のどちらが効率が良い?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)