可逆性の原理と筋トレの効果について

可逆性の原理と筋トレ



はてなの顔

可逆性の原理って何かな?と疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。

実は、可逆性の原理は筋トレと深い関りがあります。

この原理を知る事で筋トレの効果がアップするわけではありませんが、筋肉を保つためには大切なんです。

それでは、可逆性の原理について解説していきますね。

可逆性の原理とは?

可逆というのは、一度起きた変化が元の形やサイズに戻ってしまうことを言います。
筋肉が減少

逆に、一度起きた変化が継続するのは「非可逆」と呼ばれています。

可逆性の原理と筋トレは関係している?

可逆性の原理は筋トレをするうえで非常に重要です。
ダンベルの負荷をアップ

筋肉は負荷を与えることで効果を実感し肥大したり引き締まったりします。

笑った顔

そして、筋肉は筋トレで一度肥大させた後も継続的に負荷を与え続けなくてはなりませんよね。

いくら筋肉が大きくなってもトレーニングをサボり続けたら、また元の大きさに戻ってしまいますので可逆的と考えられます。
体が細くなっている

これが、可逆性の原理という事になるのです。

鍛え続けなければ筋肉量は低下してしまいます。

さらには、負荷は筋肉に合わせて高くしなければ可逆性の原理に伴い、元の大きさもしくはキープされる可能性があります。

可逆性の原理を考えてトレーニングするには

筋肉を肥大したいのであれば可逆性の原理からすると、徐々に負荷をアップさせる必要があります。
常に負荷を与える

なぜなら筋肉は使用しなければ弱ってしまうからですね。

ただ、自分だけで筋トレをしていてもどのタイミングで負荷を変えれば良いのかわかりません。

無理に負荷を変えて身体を故障してしまったら意味がありませんし、本当にあなたに合っているのかも疑問です。

そこで、もし余裕があるのでしたらパーソナルトレーニングで、筋トレを見てもらうのも良いと思いますよ。
パーソナルトレーニングジム

パーソナルトレーナーなら、負荷を変えるタイミングはあなたの筋力に合わせてくれるので、問題なく筋力アップを目指せます。

筋力を上げ続けるなら自己判断よりもプロのトレーナーに任せた方が、効率が良いですしね♪

ということで、可逆性の原理を考えながらトレーニングをするのであれば負荷を調整しながら筋トレすることが大切です。

ちなみに、会員数が圧倒的に多いパーソナルトレーニングがありますよ。
トレーナーが負荷を設定

笑った顔

会員数が多くなったおかげで様々なデータが集まっているので、効率よく筋トレができるパーソナルジムです。

もし、パーソナルジムに興味がある方は一度公式サイトで価格やトレーニング内容を確認してみてはいかがでしょうか。



関連記事

  1. 特異性の原理とは

    特異性の原理とは一体に何?

  2. 自重トレーニング頻度

    自重トレーニングの頻度はどれくらいが良いのか?

  3. 糖質OFF筋トレダメ

    糖質OFFの筋トレやトレーニングがダメな理由とは? 

  4. 筋トレと身長について

    筋トレで身長が伸びなくならない理由に納得しました

  5. 筋肉が太くなる理由

    筋肉が太くなる理由について解説しています

  6. 筋肉痛にならない筋トレ効果

    筋トレで筋肉痛にならないと効果がない!?嘘か本当か?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)