褐色脂肪細胞を増やして痩せやすい体を作る方法

褐色脂肪細胞を増やしてダイエット



笑った顔

褐色脂肪細胞を増やして痩せやすい体を作る方法を紹介しています。

体内には、エネルギーを溜めこむ白色脂肪細胞とエネルギーを消費してくれる褐色脂肪細胞の2種類があります。

白色脂肪細胞の働きが活発化していると当然の事ながら太りやすく痩せにくい体になってしまいます…。
また太っている

その反面、褐色脂肪細胞の働きが活動的なら太りにくく痩せやすい体になれるのです。

ただ、褐色脂肪細胞を増やすにはどうしたら良いのか?分りにくいですよね。

そこで、褐色脂肪細胞を増加させる方法をご覧ください。

褐色脂肪細胞を増やすにはどうしたら良いのか?

筋トレをして筋肉を増加や刺激すると褐色脂肪細胞の量がアップします。
筋トレで褐色脂肪細胞

褐色脂肪細胞は、筋トレを行い「イリシン」を分泌させることで増加を促します。

ただ、ボディビルダーのような筋トレではなく、毎日コツコツと続けられる負荷の筋トレでも問題ありません。



筋肉に負荷と刺激を与えて筋肉量を増やすことで、褐色脂肪細胞が増えるのです。
褐色脂肪細胞が活性化

特に難しいことはありません。

1日5分程度の筋トレでも大丈夫なので、まずは筋肉を動かすことを意識して褐色脂肪細胞を増やしていきましょう♪

食事でも褐色脂肪細胞を増加させることができる?

唐辛子に含まれているカプサイシン、しょうがに含まれているバラドール、ニンニクに含まれているアリシンという成分が、褐色脂肪細胞の増加に効果的です。
食事で褐色脂肪細胞を増加

これらの辛味成分を摂取するだけでも褐色脂肪細胞は増えるので、日頃の食事に意識しながら取り入れてみるのも良いかもしれません。

それに、これらの成分は体をポカポカと温めてくれる効果も期待できるので、冬や冷房からくる冷え性にも効果が期待できます。

特に容器に入った唐辛子などは、持ち運びにも適しているので日頃から常備してみるのもおすすめですよ。

お風呂でも褐色脂肪細胞に刺激を与えられる?

体を温めることで褐色脂肪細胞の働きが活発になります。
お風呂で褐色脂肪細胞を増加

その方法としては、温かい湯船につかり、その後冷水シャワーで体を冷やし、その後温かいお湯に再び浸かるといういに温かい⇒冷たい⇒温かいを繰り返すことで、より体が温まり褐色脂肪細胞が増加します。

筋トレや食事とは違い、お風呂での褐色脂肪細胞を増加させる方法は気軽にできるかもしれません。

ただ、体調が悪い時や血圧が高めの人は、いきなり冷水を浴びるのは危険です。

冷水シャワーはせずに、桶に水を溜めて足だけを入れるようにしても効果が期待できますので、無理せずに行うようにしてくださいね。

以上が、褐色脂肪細胞を増加させる方法でした。

体重を増やさないためにも、痩せやすい体作りのためにも褐色脂肪細胞を意識しながら生活を送ってみるのも良いかもしれません。
褐色脂肪細胞を意識する



関連記事

  1. シボヘールで太る

    シボヘールで太るかもしれないと不安になっている人必見の情報

  2. 痩せる仕組みと炭水化物

    痩せる仕組みと炭水化物について2分で知識を深めてみては?

  3. ぽっこりお腹運動なし

    シボヘールは運動なしでお腹を引っ込められるのか調査

  4. シボヘールの口コミ

    シボヘールの口コミとダイエットサプリとしての評判は?

  5. シボヘールのレビューと感想

    シボヘールをレビューして感想を書いているブログ

  6. デルスカットの販売店

    デルスカットの販売店でコチラが一番お得でした!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)