ペットボトルで肩の筋トレ!三角筋を鍛える3つの方法

ペットボトル肩の筋トレ



はてなの顔

ペットボトルを使用して肩(三角筋・さんかくきん)の筋トレをしてみませんか?

ペットボトルは、どちらかと言えば軽めのトレーニングとなりますので、筋トレに慣れていない人や筋肉を動かしたい人におすすめです。

しかも、ペットボトルは頑丈な作りなので無理をしない限り壊れたり割れたりする心配がありません。

はてなの顔

昔、プラスチック製の水を入れるダンベルがありましたが、割れやすいので危険でした(^^;

そして、ペットボトルはいつでも手に入れられるので手軽ですよね!

それではペットボトルで肩(三角筋・さんかくきん)の筋トレ【ショルダープレス】をご覧ください。

ペットボトルで肩の筋肉を鍛える方法ショルダープレス

500mlでも1ℓでも、あなたに合った重さのペットボトルを出来れば2つ用意してください。

1つでも出来ないことはありませんが、同時に効率よくフォームを保ちながらトレーニングするなら2つの方が良いです。

ショルダープレスの構え

ペットボトルをしっかり掴み、耳の横に構えます。胸を張った状態で腕を体の横に持っていきましょう。

ショルダープレス上げる

息を吐きながら、ゆっくりと腕を真上に伸ばしていきます。この時、斜め前や後ろ気味にならにように上げてくださいね。

ショルダープレス上げきる

そして、真上で数秒ストップさせた後、息を吸いながらゆっくりと元の位置まで下ろしていきます。

ショルダープレス下げる

この時の注意点は、腕を下まで下ろし過ぎないようにしてください。

あと、ペットボトルを使っての筋トレで注意点が一つあります。ペットボトルは手軽に手に入れる事ができるのでとても便利です。

はてなの顔

ただ、筋トレ用に作られているわけではありませんので、上手く握る事ができません・・・。

しかも、持った場所の左右バランスが良くないので落としたりすると非常に危険なんですよ。
ダンベルとペットボトル

笑った顔

だから、もし可能であればホームセンターやスポーツショップなどでダンベルを購入することをおすすめします。

そんなに高額な物でもありませんし、最近はお洒落なダンベルも増えているので、部屋に置いても違和感がありませんよ♪ちょっとしたオブジェにもなります^^

もし、近くにダンベルを売っているお店や気にいったものがないようでしたら、

>>お洒落なダンベルの取り扱い店

からご覧ください。



ペットボトルを横に上げて三角筋を鍛える

次は、ダンベルを横に上げて三角筋を鍛える方法を紹介しています。

ダンベルは、体の前に構えるようにしてください。
体の前で構える

ゆっくりと腕を上げて三角筋を刺激していきましょう。
ペットボトルを上げる

腕が床と平行になったら止めます。(画像では下から撮っているため平行に見えませんが…m(__)m)
腕を止める

下ろす時もゆっくりと下ろしていきましょう。
腕を下ろす

そして、腕を上げる時の注意点があります。腕は体の真横に上げないようにしましょう。
真横に上げない

肘を少し曲げた状態で腕を上に上げるように意識してくださいね。
腕を曲げて上げる

ペットボトルを前に上げて三角筋を鍛える

最後は、腕を前から上に上げるトレーニングになります。

腕を体の前に構えます。ペットボトルの持ち方に注意してください。
前に上げる筋トレ

ゆっくりと肩の高さまで上げていきます。
肩の高さまで上げる

下ろす時もゆっくりと元の位置まで下ろしていきます。

それぞれ、10回×1セットを続け慣れてきたらペットボトルの重さやセット数を増やすようにしてみてくださいね。

意外と三角筋(さんかくきん)を鍛えるトレーニングはキツク感じるかもしれません・・・。

実は、僕も8㎏のダンベルでトレーニングをしているのですが10回上げるのもやっとです(;^_^A

日頃から思ったほど三角筋(さんかくきん)を使用していなのが原因ではないかな・・・と思っています。

笑った顔

日常で重い物などを持ち上げるには必要な筋肉なので、情けない思いをしないためにもしっかりとトレーニングしておくことをおすすめします^^

そして、ペットボトルを使用してのショルダープレスは、怪我に繋がる危険もありませんし、満足のゆくトレーニングなので是非挑戦してくださいね!




関連記事

  1. 三角筋とは

    三角筋(さんかくきん)とは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)