カラオケで必要な腹筋の鍛え方は誰でもできる簡単な方法

カラオケに必要な腹筋



カラオケで必要な腹筋の鍛え方を紹介しています!

悩みの顔

カラオケで上手に歌うためには、腹筋をつけなくてはならないとよくアドバイスされることがあります。

その理由には、声をお腹から出したり、長時間声を出し続けられるようになるためです。

カラオケは腹筋から声を出さずに喉で歌っていると、喉を傷めたりガラガラしていまいます。
喉を傷める

それでは、楽しいはずのカラオケを続けることなんて不可能ですよね・・・。

そこで、カラオケで必要な腹筋【ドローイン】という方法を紹介させていただきます。

もしかしたら「起き上がってする腹筋ではいけないの?」と思った人もいるかもしれません。
腹筋は他にもある

他にある一般的な腹筋よりもこのドローインの方がカラオケに向いている理由もあるのです。

それではドローインの筋トレをご覧くださいね。

カラオケに必要な腹筋を鍛えるドローインとは!?

ドローインは一般的な起き上がってする腹筋とは違い、立ったままでもできる腹筋トレーニングです。
ドローインお腹を引っ込める

鼻から息を胸にため込むようにしながらお腹を引っ込めていきます。(立ったままで大丈夫ですよ♪)

次に、息を吐きながらお腹にグググ…と力を加えていく感じです。
ドローイン力を入れる

コツとしては姿勢を正し大きな呼吸を意識しながらお腹を引っ込め、力を加えたりします。

もし、周りに誰もいないのであれば声を出しながらトレーニングするのもおすすめですよ。

とても簡単ではありますが、呼吸を思いっきり吸い込むため肺活量にも嬉しい効果が期待できます。

笑った顔

カラオケでは腹筋も大切ですが肺活量も鍛えたいですよね!

つまり、ドローインはカラオケに必要な腹筋と肺活量を同時に鍛えられる効率のよいトレーニングなのです。

といっても一般的な腹筋と比べると負荷は軽めとなっているため、ボコボコにシックスパックになるのは難しいかもしれません。

でも、立ちながらやちょっとした空き時間でもできる有難いトレーニングなので、手間がかかりません。

笑った顔

僕は、日ごろからドローインを意識しながら実践しています。

そうなのです♪カラオケのための腹筋ということではなく、日常に取り入れておけば自然に歌に必要な筋力が備わるのです。

そういった自由度の高い効率よいカラオケのトレーニング法なのです。



カラオケに必要な腹筋ドローインは老若男女にもおすすめ!

体に負担のかからないドローインは、老若男女におすすめの筋トレです。
老若男女ができる腹筋

じわじわと腹筋に刺激を与えることができますが、筋肉への負荷は限りなく低いです。

ただ、低いからと言って効果がないわけではありません。

日ごろからコツコツと腹筋トレーニングで刺激するだけでも、カラオケに有効な筋肉が発達します。

カラオケで、高音が続かない、声を太くしたいなど悩みを抱えているのでしたらぜひ試して腹筋を鍛えてくださいね!

一般的な腹筋を鍛えるトレーニング

ドローインよりもさらに腹筋を鍛えたいという方は、一般的な筋トレを行ってみてください。

通常のトレーニング
一般的な腹筋

息を吸いながら上体を下ろし、息を吐きながら上体を上げていきましょう。

足を上げる腹筋
足上げ腹筋

呼吸は止めずに、息を吐きながら足を上げ、息を吸いながら足を下ろしましょう。

足を床につけずに行うと負荷がアップしますよ。

全身に力を入れて体勢とキープするプランク
腹筋を体幹を鍛えられる

プランクは、腹筋だけではなく体幹も鍛えることができます。



トレーニング法は、この姿勢を保つだけなんです♪

意外とキツイ筋トレなので、初めは短い秒数で挑戦してみてください。

以上が、一般的な腹筋運動でした。

笑った顔

あなたに合った方法で、カラオケの腹筋を強化して素敵な歌声で歌えるようになってくださいね!

↓↓ブログを書く励みになりますので、こちらをクリックしていただけると嬉しいです^^↓↓


にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ

関連記事

  1. 腹筋を縦に割る

    腹筋を縦に割るおすすめの方法とは

  2. 凄い腹筋

    強度の高い腹筋運動でシックスパックを手にれる方法

  3. 手と足を上げるⅤシットにつ

    V字の腹筋運動のトレーニング法と注意点とは?

  4. 腹筋を一つずつ大きく

    腹筋を一つ一つ大きくする方法なんてあるのか調査した

  5. スクワットで腹筋を割る

    スクワットで腹筋が割れるというのは本当なのか?

  6. 座りながら腹筋をする

    座りながらできる腹筋運動が職場で出来ると評判?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)