女性のくびれを作る腹筋は!?簡単トレーニングで美ボディを目指す方法

くびれは腹筋



くびれを作るには、どういう腹筋トレーニングが良いのか悩んでいませんか?

女性らしい魅力的な体を手に入れたいと感じているなら、腰のくびれは大切かもしれませんね。

もちろん「くびれ」だけが魅力的な体ではありませんが。

では、どのような腹筋トレーニングが女性のくびれに適しているかといいますと。

笑った顔

クランチという腹筋トレーニングが女性にも負担なくできますよ。

クランチというのは、よくある一般的な上体を上げたり下げたりするトレーニングです。
ご存知の方も多いのではないでしょうか?

ただ、クランチは腹直筋といってお腹の真ん中のみを鍛える腹筋トレーニングとなっていますので、一工夫する必要があります。

それでは、女性のくびれを作る腹筋トレーニングを紹介させていただきますね。

女性のくびれにおすすめの腹筋トレーニング!【サイドクランチ】

一般的なクランチから体をひねることで、腹直筋だけではなく腹斜筋も鍛えられる腹筋運動です。

フォームはクランチと同じですが、負荷を軽くしたい場合は床に足をつけてください。
負荷を重たくしたいなら椅子などに足を上げて膝を直角にして構えてくださいね。

初めてうちは、膝を立てて床に足を付けた方が良いかもしれません。

それでは、サイドクランチのトレーニング法をご覧ください。

右の腹筋を鍛える場合は、

サイドプランクのフォーム

左手を頭の後ろに持ってきた方が、首への負担がかかりません。

サイドプランク右手

右のくびれを引き締めたい場合は、右手を使います。

サイドクランチ右チョン

左手は頭の後ろに組み、息を吐きながら上体を起こしながら右手で左膝の外側をタッチします。
腰をひねる感じです。

ここで注意点ですが、上体は上げきる必要はありません。
というのも上体を上げきってしまうと腹直筋が中心になるため「くびれ」のトレーニングではなくなってしまいます。

もちろん、ある程度上げた方が効果を実感できますが、慣れないうちは腰をひねる事に集中してくださいね。

そして、息を吸いながら元の位置に戻ります。

左の腹筋を鍛える場合は、これの逆となります。

右手は頭の後ろに組み、息を吐きながら左手で右膝の外側を上体を起こしながらタッチし、息を吸いながら元の位置にゆっくり戻る。

これが、サイドクランチのトレーニング法です。

まずは、左右各5回ずつ問題なくできるようにトレーニングしてください。
その後、10回20回と無理のない範囲で回数を増やしてみてはいかがでしょうか。

毎日コツコツとトレーニングを続けることで、徐々にくびれができてきます。

例え、お腹周りに脂肪がついていたとしてもトレーニングの効果は表れますよ。



笑った顔

サイドクランチは、女性のくびれを作る腹筋トレーニングとしておすすめです!

↓↓ブログを書く励みになりますので、こちらをクリックしていただけると嬉しいです^^↓↓


にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ

関連記事

  1. スクワットで腹筋を割る

    スクワットで腹筋が割れるというのは本当なのか?

  2. 手と足を上げるⅤシットにつ

    V字の腹筋運動のトレーニング法と注意点とは?

  3. 朝の腹筋

    朝おすすめの腹筋トレーニングを行う時に注意点とは

  4. 立ったままできる腹筋

    立ったまま腹筋したい方におすすめ筋トレ法とは?

  5. 腹筋が上がらない

    腹筋ができない上がらないと方におすすめの方法

  6. 腹筋を縦に割る

    腹筋を縦に割るおすすめの方法とは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)