サーフィンに必要な腹筋を鍛えたい!バランス感覚も養える方法とは

サーフィンに腹筋



サーフィンに必要な腹筋(ふっきん)を鍛えたいと考えていませんか?

笑った顔

サーフィンは体全体の筋肉を使う必要があるスポーツです。

波待ち、パドリングやテイクオフ、ボードに立ってからターンや当て込み時など。

ただ、一見するとサーフィンで腹筋を使っているのかな?とも思ってしますが、そうではありません。

海の上でボードにまたがっている時点でバランスをとるために腹筋を使用しています。

つまり、サーフィンでは腹筋が必要不可欠ということなのです。

そこで、おすすめする腹筋トレーニングは【プランク】です。

プランクでは、腹筋トレーニングはもちろん、体幹も鍛えられるので非常にサーフィンに適しています。

それでは【プランク】のトレーニング法について紹介させていただきますね。

サーフィンの腹筋トレーニングにおすすめの【プランク】とは

プランクは、一般的な体を上げて腹筋を鍛えるのではなく、うつ伏せ状態でトレーニングします。

プランク構え

腕から肘とつま先で体を支えるようにして構えます。

プランクのフォーム

お尻を上げ体を一直線にするようにして体勢を保ちます。

これらの動作がプランクのトレーニング法です。

一見すると「簡単かも!?」と思ってしまうかもしれません。しかし、このプランクは見た目よりもかなり大変なトレーニングです。

笑った顔

体中がブルブルしてきますよ!

まずは30秒ほど試してみてください。30秒が簡単だと思ったら1分・2分と時間をドンドン伸ばすことで負荷をかけられます。

腹筋や体幹、その他の部位にも刺激を感じられるはずです。

そして、サーフィンで腹筋と体幹を鍛えると大きな波でも堪える力がついたり、ボトムからのターンや、当て込みといったテクニックを有効に披露できるようになります。

もちろん、日頃のサーフィンだけでも腹筋や体幹は自然についてくるかもしれません。

しかし、ライバルに差を付けたり、大会で入賞したいという夢があるのでしたら【プランク】は欠かせないトレーニングです。

ちょっとした時間でも無理なくできるトレーニングなので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

↓↓ブログを書く励みになりますので、こちらをクリックしていただけると嬉しいです^^↓↓


にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ

関連記事

  1. サーフィン怖い

    サーフィンが怖いから辞めたいと思っている人におすすめの方法!

  2. 水泳

    サーフィンの筋トレを水泳で効率よくする方法!

  3. サーフィンで波のパワーに押されない下半身作りとは!?

  4. サーフィン上手くならない

    サーフィンが上手くならないと落ち込んでいる人必見!

  5. サーフィンで上体を反らすために必要な脊柱起立筋を鍛えるには?

  6. テイクオフを早くしたい

    サーフィンの胸筋を鍛えてテイクオフを早める方法とは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)