外側の下腿三頭筋を鍛えたい方におすすめの方法

ふくらはぎの外側



外側の下腿三頭筋(かたいさんとうきん)をモリってしたい方におすすめのトレーニングを紹介しています。

はてなの顔

下腿三頭筋(かたいさんとうきん)の外側ってどうやてトレーニングすれば良いのかな?

下腿三頭筋(かたいさんとうきん)は【ふくらはぎ】の筋肉になるのですが、この筋肉がモリっと引き締まっていると

  • 俊敏な動き
  • キュっとして美しい
  • など、機能性も見た目にもメリットがありますね!

    とっても簡単なやり方がありますので安心してください^^

    それでは、こちらでは下腿三頭筋(かたいさんとうきん)の外側の筋トレをご覧ください。

    下腿三頭筋の外側を鍛えるトレーニングとは!?

    下腿三頭筋を鍛えるトレーニングは【カーフレイズ】を使用します。       

    カーフレイズは、踵を上下する運動です。

    ただ、普通のカーフレイズではふくらはぎの中央部分を中心に鍛えることになりますので、少し立ち方を変えます。

    そうすることで、下腿三頭筋の外側を中心にトレーニングできるようになるのです。

    外側カーフレイズフォーム

    まずは、つま先を外に向けて立ってください。逆八の時になるような感じです。(普段は正面を向けますが。)

    外側カーフレイズ上げる

    その状態で、つま先を床につけたまま踵だけを上に向けて(息を吐きながら)上げます。背伸びのような感じです。

    外側カーフレイズ横から

    こちらは上げた状態を横から見た感じです。

    そして、息を吸いながら踵を床に下ろします。

    このトレーニングを実際にしていただくと実感できると思いますが、ふくらはぎがギュ!と持ち上がるのを感じられます。

    つま先を外側に向けて立つため、椅子やテーブルに手を当てながらトレーニングしてみてください。

    ただ、慣れていないとふら付き易いですが徐々に何も捕まらなくても、ギュギュ!と筋トレできるようになります♪



    トレーニング仕立てのころは、バランスが取りづらかったり、筋力がないため出来る回数も少ないと思います。もしかしたら、下腿三頭筋に痛みが走ることもあるかもしれません。

    慣れないうちは、回数を少な目(5回くらい)にして、あなたが出来る範囲内でトレーニングしてみてください。

    笑った顔

    下腿三頭筋の外側を鍛えるカーフレイズは、キュっと引き締まる効果が期待できるのでスポーツや走るのにもとってもおすすめです!

    ↓↓ブログを書く励みになりますので、こちらをクリックしていただけると嬉しいです^^↓↓


    にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ

    関連記事

    1. カーフレイズ段差

      カーフレイズの効果を段差でアップさせる方法

    2. ドライヤーの時間

      ドライヤーの時間も無駄にしない筋トレ方法とは

    3. 下腿三頭筋について

      下腿三頭筋(かたいさんとうきん)とは

    4. ダンベルふくらはぎ鍛えるや

      ふくらはぎの筋トレでダンベルを使うトレーニングとは?

    5. 下腿三頭筋の鍛え方

      下腿三頭筋の内側を鍛えるつま先立ちトレーニングとは

    6. 片足カーフレイズ

      カーフレイズを片足で負荷を大幅にアップする方法

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)