肺活量を鍛える方法は?

肺活量を鍛える方法



笑った顔

肺活量を鍛える方法を紹介しています。

肺活量は、肺の中に空気を入れられる量の事をさします。

深呼吸をすると肺活量がどれくらいなのか自分でも少しわかるかもしれません。

僕は、水泳をしていたので肺活量には自信があります♪最近だと、1年に一回行ている健康診断で検査しています。

笑った顔

健診の最中も担当の人から「肺活量、結構ありますね!」なんてほめられたこともありますよ。

肺活量を褒められると、何だかちょっと嬉しいです(笑)

ただ、どうやって肺活量を鍛えたりすれば良いのか考えてしまう・・・という方もいるのではないでしょうか。

肺活量は少ないよりも多い方が良いと思いますので、こちらで鍛える方法を紹介していきますね。

肺活量を自宅で鍛える方法

自宅で肺活量を鍛える方法は、「深呼吸」がおすすめです。
肺活量は深呼吸

シンプルな深呼吸で肺活量を増やせるの?と思うかもしれませんが、体に負担なく手軽にでき鍛える事も可能です♪

深呼吸は、鼻から肺に向かて思いっきり空気を吸い込みます。

鼻から吸い込まれた酸素は、頭や肺、体中に循環され体調や精神を整えてくれる効果が期待できます。

だから、肺活量を鍛えるためだけど深呼吸は一石二鳥以上の効果があるんですよ♪

ただ、いきなり思いっきり空気を吸い込むと頭がクラクラしたりすることもありますので、慣れないうちはほどほどにしてください。

そして、思いっきり吸い込んだ空気をゆっくりと口から肺の中が空っぽになるくらいまで吐き続けていきます。

この動作を3~5回ほど毎日継続的に行う事で、肺活量を鍛えることができますよ。

慣れてきたら回数を増やしていけば、かなり鍛えらえます。



肺活量をさらに鍛える方法

プールで鍛える事ができます。
肺活量はプールでも

もし、近くにプールがある方は水泳で肺活量を鍛える事が可能です。

笑った顔

クロールや平泳ぎ、バタフライは水中に顔をつけて行う泳法なので、自然と肺活量を鍛えることができますよね。

ただ、この泳法は出来ない・・・という方は、ビート板を持って顔付けしながらバタ足をするだけでも大丈夫です♪

ようは顔を水中につけて泳ぐ泳法なら肺活量を鍛えられます。
空気を肺一杯に吸い込む

顔をつける瞬間に口から大量の空気を吸い込む動作が、深呼吸と同じで肺活量を鍛えるということです。

水泳の練習をするだけで、勝手に肺活量が鍛えられるなんて一石二鳥♪

もちろんプール内のウォーキングだけでは肺活量を鍛えることはできません。

もし、肺活量を水泳で鍛えたいという方は、無理せずに大きく息を吸い込んで行うことをおすすめします。

ただ、肺活量を増やしたい一心で、水中で呼吸を止めると危険なので注意してくださいね。



関連記事

  1. 筋トレの効果はいつ出るの

    筋トレの効果が出るまでの期間!早い人でトレーニング後なの?

  2. 筋肉が太くなる理由

    筋肉が太くなる理由について解説しています

  3. 超常刺激とは

    恐るべし超常刺激!有意義な生活を取り戻すために意識したいこと

  4. 筋肉意識

    筋トレの時に筋肉を意識する方法とは?

  5. 筋肉痛にならない筋トレ効果

    筋トレで筋肉痛にならないと効果がない!?嘘か本当か?

  6. 阿部寛ブルブルマシン

    阿部寛が乗っていたブルブルマシンを購入するならコチラ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)